こんにちは!

原宿エリアでカラー専門美容師「カラーリスト」として活動しているdaikiyamasakiです。

今回は美髪になるためにはどうすればいいのかをご紹介します。僕は美髪になるためのメニューとしては美髪カラーとヘナカラーに特化しています。カラーをされる方でも「キレイな髪になりたい!」という方は知識として知っていただけたらと思います。

 

 

美髪とは?

美髪とは「ツヤがあり手触りが滑らかで健康そうな髪」のことを言います。

傷んだ髪だと髪が乾燥をしてパサつきが気になったり扱いづらい髪になります。その髪を扱いやすくしてあげるのが美髪にする目的です。

 

美髪=健康毛ではない

カラーをしていてもツヤがある髪は健康的な髪に見えます。

傷むのがイヤだからと言っておしゃれの幅を狭める必要はありません。

おしゃれをしながらもキレイな髪になることは出来ます。

 

美髪とは髪の傷みを治すことではない

髪の毛は死滅細胞なので一度傷んだ髪は治りません。もう切るしかなくなります。髪の傷みを治すことは出来ませんが傷んだ髪をキレイに見せることは出来ます。

美髪カラーの目的はキレイに見せること

美髪カラーの目的は「髪をキレイに見せる」のが目的です。傷みを治すわけではありません。そのためにカラー剤にもこだわり低ダメージで染めることができるものやよりツヤのでるカラー剤を厳選して取り入れています。キレイでサラサラの髪に皆さん憧れると思います。それを叶える目的として美髪に力を入れています。

 

ホームカラーをしない

ホームカラーをすることで髪へのダメージが出ます。

カラーの塗布や放置時間など思っている以上に難しいです。

例えば、根元のリタッチの場合も繋ぎ目を見極めて染める必要があります。

難易度の高い施術です。

失敗すると境目に線が入ったようになります。

プロにしか出来ない技術なんです。

塗布ムラがダメージの原因になります。ムラができると美髪にはならなくなります。

 

キレイな美髪カラーの実例

トリートメントなしでもこのツヤが出ます。

①グレージュカラー

 

②グレージュカラー

③ヴァイオレットカラー

④根元のリタッチもツヤが出て光沢があります。

 

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る