こんにちは!

原宿エリアでカラー専門美容師「カラーリスト」として活動しているdaikiyamasakiです。

今回はキレイなハイトーンカラーになるために大事なことをご紹介します。ハイトーンカラーをされる方には知識として知っていただけたらと思います。

明るい髪色にしたい方は一度はブリーチを使用して派手髪やハイトーンカラー をされたことがあるのではないでしょうか?

ブリーチカラーは縮毛強制と並んで髪への負担が大きく場合によっては根元からちぎれてしまうなどの恐れがあり躊躇している方もいると思います。

ブリーチカラーをすると色々と他の施術に影響が出るため施術を施す美容師側にもブリーチカラーは嫌いな美容師さんはいます(笑)

それはなぜなのか?も踏まえその事についても触れて行きます。

 

 

 

ハイトーンカラーとは?

まずハイトーンカラーとは何なのか説明します。ハイトーンカラーをされたことがある方はご存知だと思いますが、ハイトーンカラーってなに??という方もいると思います。

最初は誰しもカラーを初めて経験される方は分からないことだらけだと思いますのでご紹介します。

ハイトーンカラーとはブリーチを使用して髪の色素を抜きその上からカラーで色を入れるものになります。美容室のメニューではダブルカラーなどに当たります。

日本人の髪は元々赤みが強くその赤みを取り除かないと希望の色が入らない時があります。「ミルクティー、グレージュ、ネイビーカラー、ピンクカラー、ホワイトカラー」とネット検索をされたことのある方もいるのではないでしょうか?ブリーチを使用しないでカラーをしたい方はブリーチ無しをつけて検索をされるとか。

ネットで検索した画像を持ってワクワクしながら美容室に行くと美容師さんから「これはブリーチをしないと無理ですね」と言われたことのある方もいらっしゃると思います。

ブリーチ無しでもできなくもないカラーもありますが、ブリーチ無しでは出来ないカラーも存在します。

どうしても赤みが邪魔をして染めた後に予想より暗くなったり茶色になったりします。「あれ?思っていたのと違う」と言った苦い経験のある方もいると思います。

 

ブリーチカラーとヘアカラーとの違い

ブリーチカラーは髪の色素を抜き色を入れるという二段階の工程(まず脱色をしてからその上から色をカラーで入れてあげる)と説明しましたがヘアカラーは脱色をしないで色を入れてあげるだけの一段階での工程になります。

赤みが強くても赤みを取り除かないまま色だけを入れるという事になります。

ブリーチカラーは一度すると残留色素にもよりますが根元のリタッチだけでOKの場合もある

カラーをすると残留色素が残ってしまいます。

でもホワイトカラーなどに次したいというのでなければ根元のみをリタッチでブリーチをして色を入れてあげるということができます。そのため何度も毛先までブリーチしなくてもいい場合があります。

 

セルフブリーチは絶対にしない

セルフブリーチをした髪はダメージが酷くムラにもなりやすいです。

セルフブリーチによってムラができ直して欲しいと言われても状態がひどい場合は「これ以上ブリーチをするとちぎれます」と正直に話させていだだく場合があります。

状態によってはブリーチをお断りする場合があります。薬剤のコントロールも難しくなるからです。

ちぎれてしまう恐れのある場合などは、お客様の髪の状態も考えて出来ないことは出来ないとお話しさせていただくことも大切だと考えています。

例えば、これから伸ばしていきたくてもちぎれてしまうと伸ばすこともできなくなってしまうからです。

市販のブリーチがダメとは言いませんが、ブリーチの塗布、ブリーチの放置時間などコントロールすることが難しいです。

僕もブリーチの塗布は泣く泣く練習をしました。ブリーチを使ってもダメージを感じさせないように綺麗な髪を作るにはどうすればいいのかなど時間をかけて勉強をしました。

このようにセルフブリーチは危険な部分があります。

 

縮毛強制に影響がある

ブリーチカラーは縮毛強制と同じく美容室のメニューの中ではダメージが一番大きいメニューになります。一般的にはブリーチを施した髪への縮毛強制は美容室に行ってもお断りされます。

縮毛強制を絶対にかけれないということはありませんが、ダメージが酷くなるため美容室ではお断りされる場合があります。

 

黒染め履歴のある髪へのブリーチカラーは困難

黒染めをした髪にブリーチをすると黒染めの残留色素が残り困難なカラーもあります。ホワイトカラーはまず出来なくなります。ブリーチを何度もして残留色素を取り除く作業をする事になりますので髪への負担がすごくかかる事になります。

 

実際の事例

 

①ブリーチ一回+オリーブグレージュ(サロンワークスタイル)

グレージュ系のカラーの中でも明るい色になります。可愛くて色落ちも綺麗です。

 

②ブリーチ一回+ネイビーカラー(講習スタイル)

ネイビーカラーは色落ちもシルバーで綺麗です。

③ブリーチ一回+ブルーブラック(サロンワークスタイル)

黒に見えて黒に見えない色

④ブリーチ3回+インナーカラーにカラーバターを使用しホワイトピンクパープル(サロンワークスタイル)

ピンクとパープルのいいとこ取りをしたインナーカラー

色落ちはホワイトになります。

 

⑤ブリーチ一回+トップ王道ミルクティー+インナーカラーパステルピンク(講習スタイル)

 

 

⑥ブリーチ3回+ホワイトパステルピンク(サロンワークスタイル)

色落ちはホワイト

⑦根元リタッチ3回+ホワイトカラー(講習スタイル)

 

 

 

 

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る