原宿のカラー専門美容師!ブリーチ必須!高濃度レッドカラー!【実例2】

みなさんこんにちは!

ヘアカラーリストdaikiyamasakiです!

 

ブリーチありでできる高濃度なレッドカラーの実例をご紹介します。

 

ブリーチありでもできるツヤのあるカラーをしたいという方で暖色系のカラー(ピンク、レッド、オレンジ)を含んだカラーをしたい方にオススメです。

 

①カウンセリング

・人生で初めての美容室でのカラーのお客様ですがホームカラーでブリーチとカラーをしムラができていました。

 

・根元:中間から毛先に比べて明るい状態でホームブリーチ履歴は1回(ムラがありましたが髪質の状態は問題なし)

 

・中間:ホームブリーチとカラーによりハイダメージあり(残留色素ありで以前インナーカラーをする際にブリーチをしていたためブリーチ履歴は計2回)

 

・毛先:中間と同じくホームブリーチとカラーによりハイダメージあり(残留色素ありで以前インナーカラーをする際にブリーチをしていたためブリーチ履歴は計2回)

 

レッド系のカラーはオレンジの状態までブリーチで抜いた方がキレイに深みのある色になります。ブリーチで抜きすぎるとピンクっぽい色味になります。

 

この場合、一番元気な根元の部分をリタッチでブリーチをして中間から毛先の部分の計2回のブリーチ履歴に合わせて行います。

 

中間から毛先の部分はハイダメージ毛でこれ以上ブリーチをするとちぎれる(断毛と言います)恐れがあるためブリーチシャンプーで残留色素を落とすだけにしました。

 

②ブリーチ塗布後

 

 

ホームカラーで出来たムラもなんとかして欲しいとのことでしたのでムラも消しながらキレイなレッド系のカラーになるように施術をしています。

 

 

 

 

ブリーチを流した状態を撮り忘れました・・・

 

 

 

ブリーチ後のイメージはこの状態と同じです。

 

 

 

③高濃度レッドを塗布した状態

 

 

レッド系のカラーは深みのある色にしたいので僕の施術では放置時間を少し長めにおいています。

 

この後シャンプー台でトナーでさらに濃厚なレッドを入れピンクシャンプーで仕上げます。

 

 

④仕上がり

 

艶々のサラサラに仕上がりムラも消えました。

 

レッド系のカラーはツヤも出てオススメです。また、髪が傷んで見えないようになるのもメリットです。

 

ブリーチは1から二回は必須ですが高濃度レッド系カラーは季節問わずオススメのカラーです。

 

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。