原宿の美容師が教える!ヘアカラーをすると息苦しくなるのはなぜ?

みなさんこんにちは!

ヘアカラーリストdaikiyamasakiです!

カラーをすると息苦しくなるという方はいませんか?

ホームカラーや美容室でのヘアカラーをした後に息苦しくなるという方がいます。

ヘアカラーの匂いが原因もあると思いますが、息苦しくなるという症状の方はヘアカラーによるアレルギーが原因です。

詳しく解説していきます。

 

 

ヘアカラーによるアレルギーの症状

ヘアカラーによるアレルギーの症状は「かぶれ」が原因です。かぶれには刺激性接触皮膚炎(即時型アレルギー)とアレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)の二つがあります。

 

①刺激性接触皮膚炎(即時型アレルギー)

・息苦しさがある

・めまいや吐き気などがして気分が悪い

・かゆみを伴う

・発疹や発赤(じんま疹)などが出る

などが原因で起こります。

 

②アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)

・かゆみ

・赤み

・腫れ

・ブツブツ

などの皮膚炎症状が起こります。

 

アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)はカラー剤で染めた後、48時間後に最も症状がひどくなります。アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)は刺激性接触皮膚炎(即時型アレルギー)よりも症状が悪化すると顔全体が腫れたり頭皮から滲出液(しんしゅつえき)が出たり身体の全身に伴ってかゆみを伴うなど症状がより酷くなります。

 

 

ヘアカラーによるアレルギーの症状が出た場合はどうしたらいいの?

ホームカラーの場合はすぐに使用を中止する、美容室の場合は美容師さんに伝えてすぐに皮膚科を受診することをおすすめします。特にアレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)の場合は重度な症状が出ますので早めに皮膚科を受診しましょう。

 

病院ではステロイドなどを処方してくれますが、ヘアカラーによるアレルギーの症状は一度なると長く続きます。アレルギーだとわかった後も繰り返してヘアカラーをすることにより全身じんま疹、呼吸困難、血圧低下による意識障害などを伴いますので大変危険な状態となります。ヘアカラーのアレルギーは酸化染料によるパラフェニレンジアミン(ジアミン)が原因ですのでジアミンが含まれていないもので染めることになります。

 

ヘアカラーによるアレルギーの症状は花粉症などのアレルギーと同じで突然起こる場合もありますのでいつ起こるかわからないですので注意が必要です。

 

 

パラフェニレンジアミン(ジアミン)が含まれていないヘアカラー

ノンジアミンカラー、カラーバター、ヘアマニキュア、天然成分100%のヘナカラー (100%ではないものはジアミンなどが含まれています)で染めることになります。

 

まとめ

ヘアカラーによって息苦しくなる症状は刺激性接触皮膚炎(即時型アレルギー)による症状です。ヘアカラー剤をつけた直後や染めた直後に起こります。アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)の方が症状は重度になりやすいですが突然としてなる場合があるのでいつなるかわかりません。

アレルギーによる症状を確認するためにはパッチテストを行います。ヘアカラー前にパッチテストを受けて問題がなければヘアカラーをしましょう。

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。