花粉症の方!花粉が髪に与える影響と花粉から髪を守るためのヘアケア対策

みなさんこんにちは!

ヘアカラーリストdaikiyamasakiです!

今年も多くの方がスギ花粉症で悩まされています。

花粉症の症状で代表的なのは「目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみ」ですが花粉により髪の毛への影響もあります。

花粉から頭髪を守るためのヘアケアと対策をご紹介します。

 

 

花粉が髪に与える影響

花粉は目や鼻だけに影響があると思われている方もいると思いますが、髪の毛への影響もあります。花粉は頭皮にもつくため、花粉の時期になると頭皮が乾燥しやすく花粉により頭皮が痒くなったりするという現象が起きます。

頭皮が痒くなるとかいてしまう方がいると思いますが、頭皮をかいてしまうことで頭皮が傷つき薄毛の原因にもなり髪の毛も抜けやすくなります。

頭皮に傷がつくとそこに花粉が付着することでさらに悪化してよりかゆみが出たり抜け毛が酷くなる場合があります。

また、頭皮が傷つくことにより炎症やアレルギー反応を引き起こす可能性もあります。

 

 

花粉から頭皮を守るためのヘアケア

花粉が頭皮につくと痒くなり頭皮をかいてしまうという方もいると思いますが、頭皮をかいてしまうことで頭皮に傷ができてしまいます。傷口に雑菌が繁殖し頭皮環境が悪化する原因にも繋がります。

かかないで付着してしまった花粉は優しく洗い流すことが大切です。

頭皮が敏感な状態になっているため、頭皮を傷つけないようにシャンプーはしっかりとあわ立てて指の腹でマサージをするように頭皮を洗ってあげることが大切です。

花粉を落とすことに集中してしまいシャンプーをしすぎると逆に頭皮が乾燥しやすくなりフケも出やすくなったり逆効果になりますので、洗いすぎには注意して一回のシャンプーで優しく洗ってあげてください。

 

 

花粉から頭髪を守るためのヘアケア

外出から帰ってきた後はブラッシングで頭髪についた花粉を落としてあげる

外出から帰ってきた後は、衣類についた花粉を落とすとともに頭髪についた花粉を落としてあげることが大切です。ブラシを玄関などに置いておくことで室内に花粉を持ち込まずに済みます。

 

 

 

帰宅したらお風呂に入り保湿をしてあげる

花粉はダメージをしている髪につきやすいです。髪が傷んでいると静電気を帯びやすくなり花粉を引き付けてしまいます。シャンプーをした後はトリートメントでしっかりと保湿をしてあげることが大切です。

トリートメントをつけた後にタオルを巻いてあげるとスチームと同じ状態になり効果的です。

 

 

お風呂から出たらしっかりと乾かす

濡れたままの状態は一番傷みやすい状態です。また、雑菌が繁殖しやすくなりますので早めに乾かしてあげることが大切です。洗い流さないトリートメントを乾かす前につけてあげることでブラッシングをする際に髪同士が絡まることを防げます。

 

 

まとめ

ヘアケアをしっかりとしてあげることで花粉から頭皮、髪を守ることができます。花粉対策をしっかりとしてヘアカラーも楽しみましょう。

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。