美容師が教える!ファッションカラー(おしゃれ染め)と白髪染め(グレーカラー)の違いとは?

普通のカラーと白髪染めの違いはよく聞かれます。

実際、普通のカラーと白髪染めの違いってなんだ?と疑問に思われる方もいると思います。どちらも同じなのでは?と思われている方も少なくありますん。

今まで普通のカラーで染められていた方も「最近白髪が増えてきたから白髪染めに変えた方がいいのかな?」と思っているかもしれません。

でも白髪染めと聞くと割とネガティヴになりやすいですよね。

今までなかったものが突如生えてくるわけなので白髪って信じたくないと思います。

そんな方のために普通のカラーと白髪染めの違いの役立つ情報をお話しします。

 

 

ファッションカラー(おしゃれ染め)とは?

一般的に皆さんがやられているカラーはこれです。

カラーのバリエーションも豊富で明るくしたり、暗くしたり、色味を濃く入れたりおしゃれで色味も鮮やかなものが多いです。

光彩色な色味が多いのが特徴です。

ファッションカラーは茶色(ブラウン、ベージュなど)と色味(アッシュ、マット、ブルーなど)が分かれています。

美容室に行くと「どんな色にされますか?」とこんなものを見せられますよね。

これはカラーチャートと呼びますが茶色がベースなものと色味がベースなものとが分かれているんです。

茶色のブラウンのみで染めてもいいですし色味のアッシュなどを混ぜて染めることができます。

ファッションカラーの特徴は色々と混ぜて染めることができおしゃれを楽しめます。

 

 

白髪染め(グレーカラー)とは?

グレーカラーは先ほどのファッションカラーと比べると茶色(ブラウン)が強くブラウンがベースとして使われています。同じアッシュやマットなどでも茶色の色素が強いため鮮やかさが異なります。

 

カラーで一番明るい色はなんだと思いますか?

 

 

 

 

 

 

正解は白です。

白はカラーの中でも一番明るい色となります。逆に一番暗い色が黒で反対色の色となっています。

白に色を入れるためには濃い色を入れないといけません。

そこで茶色がベースの色素を入れることで染まります。

ファッションカラーと比べると鮮やかさは全然違いますがしっかりと白髪を染めてくれます。

 

 

まとめ

ファッションカラー(おしゃれ染め)とグレーカラー(白髪染め)の違いはファッションカラーは色味と茶色のベースが分かれている、グレーカラー(白髪染め)は茶色がベースになっているところが異なります。

ご参考になれば辛いです。

 

 

【ご予約お問い合わせはこちらからできます】

RESERVA予約システムから予約する
友だち追加

 

 

 

 

 

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。