美容師が教える!白髪染めのカラー剤とヘナカラーの違い

カラー剤の白髪染めとヘナカラーの違い皆さんはわかりますか?

どちらも白髪を染めるためのものですが普通のカラー剤だと思っている方もいるかもしれません。

ヘナカラーは染まるまでに時間もかかるため、美容室ではメニューにないところが多いのもあり知っているようであまり馴染みがないのもあると思います。

また、髪を染めるのは全てカラー剤だと思われているのもあると思います。

 

 

白髪染めのカラー剤とヘナカラーの違い

カラー剤の白髪染めとヘナカラーの違いはカラー剤の白髪染めは化学薬品などで作られているものでヘナカラーは天然成分で作られているものです。

ヘナは天然のヘナの葉っぱを乾燥させ粉にした物です。自然の中で育ったもので化学薬品などではありません。

 

カラー剤の白髪染めの場合

カラー剤の白髪染めの場合はヘナカラーよりも早く染まります。

早く染めることは出来ますがカラー剤なので傷みはどうしても出ます。

明るい色にできたり暗い色にできたりとバリエーションが豊富なのはメリットでおしゃれ染めとの境目が最近はあまりなくなってきているように思います。

 

ヘナカラーの場合

ヘナカラーの場合はカラー剤の白髪染めに比べると時間がかかります。早く染めたい方には不向きだと思います。

化学薬品などではなく自然のものなので染めるのも自然に任せるしかありません。

 

また、ヘナの色味はオレンジのみで色のバリエーションも一色しかありません。ヘナで染めた後は通常インディゴを被せて染めますが染まり具合は人それぞれ異なります。カラー剤であれば「この色にしたい」と指定することが可能ですが、ヘナカラーの場合は自然に任せた色となります。

 

今まで通常のカラー剤の白髪染めで染められていた方の場合ははじめは少し赤みを帯びた色になります。これはカラー剤で白髪を染めていたのが原因です。ヘナカラーは継続していくことで徐々に薬によって赤みを帯びた色味がなくなり自然な色味になります。

よくヘナカラーは全く傷まないと言われていますが、頻度や使い方次第では傷みの原因になります。

ヘナの特性や知識を持った美容師さんに染めてもらうことで傷めないで染めることができます。

 

 

まとめ

カラー剤の白髪染めとヘナカラーの違いは化学薬品系で染めるのか天然の自然のもので染めるのかの違いです。

時間はかかりますが、自然な髪色にしたいのであればヘナをオススメします。

ただ、今までカラー剤の白髪染めで染められていた方は最初は手触りが悪いと思います。

継続していくことで徐々に綺麗な髪へと近づきます。

ご参考になれば辛いです。

 

 

【ご予約お問い合わせはこちらからできます】

RESERVA予約システムから予約する
友だち追加

 

 

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。