美容師が教える!白髪染めで利用されるヘナカラーのアレルギー

ヘアカラーはかぶれや湿疹ができ悩む人もいます。

ヘアカラー剤に含まれるジアミンアレルギー反応によって起こります。

そんな方はノンジアミンのカラー剤や天然のヘナやインディゴで染められる方が多いです。

ただ、天然のヘナやインディゴを使用し植物アレルギーを起こす方もいるのが事実です。

ヘナに関してはアレルギー反応を起こされた方の報告は少ないですが、インディゴはマメ科の植物でありそばアレルギーと同じでアレルギー反応を起こされる方もいます。

僕が染めたことがあるお客様でもヘナ単品であればアレルギー反応自体は少なくインディゴ単品もしくはインディゴを含む場合で染めた場合はアレルギー反応が出た方もいました。

また、アレルギーまではいかなくても施術後に頭皮や耳の後ろに痒みを感じられる方もいました。

これはインディゴによって起こるアレルギーです。

インディゴとはダークブラウン系などに染められるとき、色を暗く濃く染める際に配合されるものです。

もし、植物アレルギーが疑われる場合はインディゴだけでもパッチテストを行うことをオススメします。

 

ヘナカラーのパッチテストのやり方

①二の腕の内側に綿棒等で取ったヘナを塗布します。

②乾燥したら絆創膏を貼り48時間待ちます。

③48時間後に流した後、痒みなどがなければ染めても問題ないということになります。 

 

ヘナ単品で染めるのであれば化学製品が全く含まれていない100パーセントのものを使用される場合はアレルギー反応を起こす可能性は少ないですが、オレンジのままでいいという方は少ないと思いますのでどうしてもインディゴが必要になってきます。

そこで特にインディゴを使用される場合であればパッチテストを行なって48時間後に何も異常がなければインディゴで染めることができます。

 

 

まとめ

ヘナカラーは本当に100パーセントの物であればアレルギー反応は少ないです。

アレルギー反応を起こす原因はインディゴが考えられます。

もしかしたら自分は植物アレルギーかもしれないという方はパッチテストをオススメします。パッチテストを行なって異常がなければヘナカラーを楽しむことができますよ!

ご参考になれば辛いです!

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

【ご予約お問い合わせはこちらからできます】

RESERVA予約システムから予約する
友だち追加

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。