美容師が教える!最近話題の髪質改善とは?髪質改善にダメージはないの?

美容室に行くと髪質改善メニューというのを見たことがありませんか?

僕自身も髪質改善をメニューに取り入れていますが、何となく聞いたことはあるけど本当に効果あるの?髪質改善をすることによって髪の毛の傷みが治るの?と疑問に思われている方もいるかもしれません。

髪質改善=髪の毛の傷みが治るということはありません。現在の技術では髪の毛の傷みを根本的に改善するということは不可能です。ですが髪質改善をすることによりメリットがあります。

そこでこの記事では髪質改善ってなんだ?という方に対しての疑問を解決するために解説をしていきます。

 

髪の毛に艶が出ない、パサパサになって見える、傷んで見えるというお悩みの方は是非最後までお読みください!

 

髪質改善とは?

髪質改善の目的は以下の三つの特徴があります。

①髪の毛を綺麗に見せる

②髪の毛を扱いやすくする

③髪の毛をなるべく傷めないように傷みを最小限にする

この三つの特徴を解説していきます。

 

 

①髪の毛を綺麗に見せる

綺麗な髪の毛の定義には美容室などによっても様々なものがありますが、僕が考える綺麗な髪の毛の定義は『サラサラ、艶がある、手触りが良い、人から綺麗な髪だと褒められる』です。

美容室に行く目的は一般的に、こんな風になりたいというような理想とするスタイルに近づけるためだったり、イメチェンをしておしゃれを楽しむためにカラーやパーマをしたりすると思います。

ですが、それが必ずしも『髪の毛を綺麗に見せる』ということではありません。

カラーやパーマをした時は綺麗に見えると思いますが、繰り返し行うことによって髪の毛には負担がかかりダメージは蓄積されていっています。

カラーやパーマを繰り返し行うことによって髪の毛がボサッとなって広がりやすくなったり、髪の毛がパサパサしてしまうことでそれが髪の悩みになってしまいます。

髪質改善の目的はそのような髪の悩みに対してまずは見た目から改善して綺麗に見せようというものがあります。

髪の毛がパサパサになって見えると老けて見られたりすることもありますよね。

例えば、ハイトーンカラーをすると乾燥しやすくなりダメージも出てきます。そのダメージをカラーリングのテクニックやカット、トリートメントなどを組み合わせた『髪質改善に特化したカラー』をすることによって髪の毛を綺麗に見せることができます。

僕の髪質改善を目的としたカラーでは透明感がありツヤも出ます。

 

 

②髪の毛を扱いやすくする

カラーやパーマなどを繰り返し行うことによるダメージによる広がりだけではなく、髪の毛のクセやうねりなどによって自分でセットをするときに扱いづらくて悩んでいる方もたくさんいると思います。

そんな時に縮毛強制やストレートパーマをする方もいると思いますが、ただ真っ直ぐにしてしまうと違和感を感じますよね。どちらかというと丸みが欲しいと思います。縮毛強制やストレートパーマをするのも良いですが中には『このクセ毛活かせないかな』という方もいると思います。

ロングの方のクセ毛は縮毛強制やストレートパーマをすることをオススメしますが、ショートやボブの方でしたらクセを活かした丸みのあるカットをすることは可能です。

クセを活かしたカットをすることにより、セットも大分楽になりますし、縮毛強制やストレートパーマをする美容室代も浮きますよね。特に朝は慌ただしく時間もないと思います。乾かしただけで簡単にセットできるのが理想だと思います。

 

 

③髪の毛をなるべく傷めないように傷みを最小限にする

髪の毛になるべく負担をかけないように施術をして、綺麗な状態を作りその状態を維持し続けることによって無理なカラーなどでの手入れをする回数も減っていきます。

髪の毛というのはとてもデリケートであり、いじればいじるほど傷みが悪化していきます。その回数を減らして行くことによって髪の毛が綺麗な状態=健康な状態へとなっていきます。

例えば、僕が行うカラーのリタッチでは髪色の明度にもよりますが長い人で2ヶ月〜3ヶ月程持つ方もいます。生えてきた地毛と馴染むように染めているからです。『あれ?染めた?』と聞かれないくらい自然に馴染むように染めています。

 

 

髪質改善メニューにダメージはないの?

カラーやパーマなどで傷んだ髪の毛を綺麗に見せたり、クセ毛やうねりのある髪を扱いやすくすることができる髪質改善ですが、髪には多少の負担は出てきます。

以前よりはカラー剤なども徐々に進化していて以前までの施術とは違い、髪に対して優しい薬が出てきています。僕自身も様々なカラー剤などがある中で発色が良いものや艶が出るものを厳選して選んでいますが、何より髪の毛が傷んで見えにくいものや髪への負担が少ないものを重視して自身で購入して実験をし一番良いと思ったものをお客様に提供しています。

また、特にハイトーンカラーをされる方は乾燥しやすくパサつきやすくもなります。前処理剤や後処理剤などを使用してブリーチの段階から髪の毛へのダメージを最小限に抑えるようにしています。

 

前処理や後処理などは、髪の内部に残すと傷みの原因につながるアルカリを除去するものだったり、毛髪の内部の奥まで薬剤を浸透させることができるものがあったりと用途は様々な物があります。

僕の施術では、これまでの施術履歴やホームケアの仕方などはそれぞれのお客様によって個人個人で異なりますので、カウンセリングの時点でお客様の髪の毛の状態をしっかりと把握してから髪の状態に適した薬剤の選定や前処理などの処理剤やトリートメントを選んでいます。

髪質改善というのは全くダメージを与えずに施術するものではなく、今現在の傷んでパサパサになった髪やまとまりの悪い髪を見た目から綺麗にしていくために調整していくものです。

これ以上髪の毛の傷みが悪化しないように注意しながら、ご自身でも扱いやすく見た目から綺麗に見えるようにしていくことで結果としてお手入れも簡単になりますし、健康な髪の毛の状態に近づきます。

 

 

まとめ

髪質改善は髪の毛の傷みを根本的に治すものではなく、今現在の髪の毛のダメージだったりまとまらない髪を綺麗に見せるのが目的です。

今以上に髪の毛のダメージが悪化しないように施術してあげることで、健康な髪へと近づいていきますよ!

是非ご参考にしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

【ご予約お問い合わせはこちらもできます】

RESERVA予約システムから予約する
友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。