美容師が教える!カラー後にシャンプーをするとタオルに色が付いた!原因と対策

美容室で染めてもらった後は綺麗な髪色になってこれからの生活がワクワクしますよね。

しかしご自宅に帰ってシャンプーをした後、タオルでふくと色が付いてタオルが汚れてしまった。色落ちが心配!といった経験はありませんか?

せっかく染めたばかりなのにタオルに色がつくほど染料が落ちるなんて色落ちが心配でタオルについた色は綺麗に落ちるのか心配になりますよね。

 

 

この記事の内容

カラー 後にタオルに色が付いてしまう原因

タオルについた色を落とす方法

 

 

 

カラー後にタオルに色が付いてしまう原因

これは色の定着不足が原因です。

カラーは、塗布し始めてから約30分程は薬剤が反応すると言われています。30分以降は薬剤が反応しなくなるので長く置けば置くほど濃く色が入ったり、色持ちが良くなるということはありません。

最近のカラー剤はカラーを塗布後、約10分〜20分(長くても25分程度)の放置時間で染まります。このようなことから放置時間より早く流しすぎるとカラーの定着が不十分でしっかりと定着できなくてカラー後に色が抜けやすかったりします。

カラー剤は1剤(酸化染料、アルカリ剤)、2剤(過酸化水素)の二つの薬剤を混ぜて混合液にしてから染めていきますがここで酸化重合という反応が起きます。

カラー剤を塗布するとアルカリ剤の力で毛髪を膨張させて髪の毛の表面にあるキューティクルを開き髪の内部に入った薬剤が色素を定着させていきます。

この時点では髪の毛の内部に染料が定着していますが、カラー直後の髪の毛の状態はアルカリ性に傾いているので不安定な状態です。これが安定し色味がしっかりと定着するまでの期間は1週間ほどかかります。

point

・健康な人の髪の毛は弱酸性です。

・カラーをした直後の人の髪の状態はアルカリ性に傾いています。

 

例えば、カラーをした直後に熱いお湯で洗ったり、サウナなどで汗をかいたり、プールなどに行くとまだ定着できていない不安定な色素が流出してきます。

これはどんな色に染めても起こります。

なので、染めた直後の髪の毛の状態はとても不安定でデリケートなので弱酸性のシャンプー(カラー用のシャンプー、トリートメント)などを使ってあげることをオススメします。

また、濡れた状態の髪の毛は色落ちの原因にもなりますのでしっかりと乾かしてあげることが大切です。

 

 

タオルについた色を落とす方法

タオルについた色は乾くと色が定着して落ちなくなりますのでついたと思ったら乾く前にすぐ洗うと取れやすいです。洗濯機を使わなくても洗面台やバケツなどにお湯をはって浸けてゴシゴシと洗ってあげると落ちます。

タオルの素材によっては落ちにくいものもありますが、一度試していただけたらと思います。

 

 

まとめ

カラー直後の髪の状態はアルカリ性に傾いていて不安定です。

その為、カラーの色素が定着する一週間ほどはカラー用のシャンプー、トリートメントを使ってあげる事をオススメします。特に赤やピンク系のカラーは色落ちしやすい為、ピンクシャンプーを使用しましょう!

是非参考にしてみてください!

 

 

【ご予約お問い合わせはこちらもできます】

RESERVA予約システムから予約する
友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。