美容師が教える!カラーの色落ちが早くて困っています。色持ちを良くする方法は?

カラーをすると必ず色落ちがする時がやってきます。

『綺麗に染めていただいたのに色落ち早くない?お気に入りの色だったのに!』とそんな色落ちに悲しい思いやがっかりとした経験はありませんか?

僕自身も色落ちに関しては何度か悩まされていました。

色持ちを良くする方法は世の中にたくさんありますが、何が自分の髪にとっていいのかわかりませんよね。染めたばかりの色より染めた後の色落ちの過程の方が長くお付き合いしていくものになります。

だからこそ染めたての色を少しでも長く楽しみたい!ずっと綺麗な色でいたい!

その気持ち痛いほどわかります。お気に入りの色は少しでも長く色持ちを良くしたいですよね。そこでこの記事ではなんで色落ちするのか、色持ちを良くする方法もご紹介します。

 

 

 

そもそもなんで色落ちするのか?

そもそもなんでカラーをすると色落ちをするのか気になりますよね。

 

まず、髪の毛が染まる仕組みからお話しします。

 

カラーで使用する薬は一剤(アルカリ剤と酸化染料)、二剤(過酸化水素水)があります。この二つの液体を混ぜたものを混合液と呼びます。まず、この混合液を塗布することによって一剤の中のアルカリ剤が髪のキューティクルを開き、髪の毛の内部に浸透し髪の毛の内部にあるメラニン色素を壊します。

メラニン色素とは?・・・私達の髪の毛の内部にあるもので黒色の髪の毛を作るものです。このメラニンの量が多いことによって黒く見えます。

薬をつけることによってメラニン色素を破壊すると髪の毛の中には空洞(隙間)ができ、そこに薬が浸透することによって発色が始まり染まります。

 

カラー剤は

①髪の毛の内部にあるメラニン色素を破壊する作用

②発色が始まり染める作用

この二つの作用から成り立っています。

 

では、なんで色落ちをするのか?

わかりやすく説明しますと、先程説明した髪の毛の内部に浸透した薬が

・シャンプーするたびに洗い流される

・熱などによって壊される

この二点が影響してきます。

 

ここで日本人と外国人の髪質をお話しします。

日本人・・・髪の毛が固くて太く更にメラニン色素も多い

外国人・・・髪の毛が柔らかくて細くメラニン色素も薄い

このようなことから日本人と外国人では、メラニン色素の量も違い日本人の場合は色が入りにくく、抜けやすいです。

そうなんです!日本人の場合は色が入りにくく色が入ったとしても色が抜けやすいんです!

 

 

カラーの中でも色が抜けやすい色と抜けにくい色があります

この事実を皆さんはご存知ですか?初めて知ったという方もいると思います。

色が抜けやすい=色持ちが悪い、色が抜けにくい=色持ちがいいとも表現できますね。

初めて知ったという方も多いと思うので説明します。

 

【色が抜けやすい=色持ちが悪い色】

・アッシュ系

・マット系

・ピンク系

【色が抜けにくい=色持ちがいい色】

・ブラウン系

・ヴァイオレット(紫)系

特にアッシュ系は人気ですよね。でも色持ちは悪いんです。

ただ、どんな色にしても最終的には色が落ちることになります。

暗い色になればなるほど色持ちが良く、明るい色になればなるほど色持ちが悪くなります。美容室で希望の色にしたいと言った時に美容師さんから『ワントーン下げて濃いめに入れますね』というようなことを言われたことがある方がいると思いますが、少しでも色持ちをよくしてあげたいという気持ちです。

 

 

カラーの色持ちを良くする方法は?

皆さんが一番気になるところは僕の実体験も含めて説明していきます。

 

カラー用のシャンプーを使う!

普通のシャンプーよりはカラー用のシャンプーを使用してあげた方が色持ちが良くなります。

・紫シャンプー

・ピンクシャンプー

・シルバーシャンプー

ムラシャンとかピンクシャンとか聞いたことがある方もいると思いますがあれのことです。

僕がオススメするご自宅で使用される場合のムラシャンとピンクシャンはこれです。画像は紫シャンプーになりますがピンクシャンプー、シルバーシャンプーもあります。

 

紫は髪の毛の黄ばみを抑えたい方、シルバーはアッシュ系を長持ちさせる、ピンクは赤やピンク系の色を長持ちさせるなどの効果があります。

カラーシャンプーは髪の毛を染めるためのものではない(髪の毛の内部には浸透しないで髪の毛の表面だけにつきます)ので一回だけでは効果は得られません。継続していくことで効果が見られます。

カラーシャンプーは一日一回で十分です。髪色によってはムラシャンとピンクシャンを混ぜた方がいい場合もありますので使い方は髪色にもよります。

今色落ちで悩んでいる方でカラーシャンプーのご使用を検討されている方はアドバイスしますのでお問い合わせからお気軽にご相談くださいね。

 

【すぐに髪を乾かす!】

お風呂から上がってきて髪を乾かさないままベッドにダイブ、お風呂上がりに髪を乾かすより先に一杯飲みたい!

その気持ちわかります。お風呂上がりの一杯は最高です!でもまずは髪を乾かしましょう。

何故なら濡れたままの髪の毛はキューティクル(髪の毛の表面をコーティングしてくれている部分のこと)が全開に開いています。

キューティクルが全開に開いているということは、髪の毛の内部に浸透した塗料が出てきます。

しっかりとタオルドライをして髪の毛を乾かす前に洗い流さないトリートメントもつけましょう。

肌にも化粧水や乳液をつけると思いますが、髪の毛も同じで水分が蒸発しないようにトリートメントで保護してあげることが大切です。

ドライヤーでの乾かし方としては根元から乾かして中間から毛先の順に乾かしてあげることが大切です。

乾かしすぎるとオーバードライ(乾かしすぎる事によってダメージも増します)になるので乾かしすぎないようにすることも大切です。だからと言って半渇きはダメです。ダメージの原因になります。

いかに水分を残しながら乾かすことができるかが重要になってきます。

【アイロンやコテを使用する場合】

アイロンやコテを使用する場合も低温で使用しましょう。髪の毛は熱に弱いです。熱による場合のダメージは髪の毛のダメージだけでなく色落ちにも関係します。ご自身で使用する場合の設定温度は『120℃〜140℃』をオススメします。アイロンやコテは熱するより冷ませてあげることの方が大切!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?僕の実体験も含めて説明してきましたが、僕がやってみてよかったと思ったことは

①シャンプーはカラーシャンプーを使用する

②熱に気をつける(シャンプーの際も流すのはぬるま湯で流してあげる等)

③染める時に色持ちを考えて染める

これに気をつける事によって色持ちが少しでも良くなります。

是非参考にしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

【ご予約お問い合わせはこちらもできます】

RESERVA予約システムから予約する
友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。