原宿の美容師が教える!パラフェニレンジアミンとは?カラーで命を落とす可能性もある?カラーによるジアミンアレルギーによる症状と原因と対策

ヘアカラーは現代では身近なものとなっています。

 

ファッションに合わせて髪色を変えることでオシャレを楽しんだり、イメチェンもできます。僕もヘアカラーをすることで、お客様が笑顔になっていただけることが何より幸せです!

 

今回はヘアカラーによる地肌のトラブルに関しての症状と原因と対策をお教えします。

 

美容室でのヘアカラー、ご自身でのホームカラーをした際にこのような症状になった方はいませんか?

 

・ヘアカラーをすると頭皮などが痒くなる。

・ヘアカラーをすると頭皮などが赤くなり炎症を起こす。

・ヘアカラーをすると頭皮などがピリピリする。

・ヘアカラーをすると頭皮などがかぶれた。

・ヘアカラーをすると顔やまぶたが腫れた。

・ヘアカラーをすると頭皮などにブツブツができた。

 

 

ヘアカラーをした際に上記のような症状が頭皮などに起こった場合、それはヘアカラーによるかぶれが原因です。かぶれは刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎の二つに分かれます。その中でも『ヘアカラーをすると頭皮などがかぶれた、ヘアカラーをすると頭皮などがピリピリする』というのは刺激性接触皮膚炎によるものです。こちらは体質などに関係なく誰でも起こりやすいです。ヘアカラーによる刺激で起こるもので刺激性接触皮膚炎の方は比較的早期に回復します。

 

もう一つのアレルギー性接触皮膚炎のほうが深刻なアレルギーであり、ヘアカラーを続けることによって悪化します。『ヘアカラーをすると頭皮などがかぶれた、ヘアカラーをすると頭皮などが痒くなった、ヘアカラーをすると頭皮などが赤くなり炎症を起こした、ヘアカラーをすると顔やまぶたが腫れた、ヘアカラーをすると頭皮などにブツブツが出来た』というのはジアミンアレルギー(パラフェニレンジアミン)によるアレルギー性接触皮膚炎という症状です。

 

当記事では深刻なアレルギーでもあるパラフェニレンジアミン(ジアミンアレルギー)によるアレルギー性接触皮膚炎の方を取り上げます。

 

 

この記事の内容

パラフェニレンジアミンとは?

パラフェニレンジアミン(ジアミンアレルギー)による症状と原因と対策

 

 

関連記事

原宿の美容師が教える!ヘアカラーでアレルギー症状が出たことがある方は読んで損しないです!ヘアカラーによるアレルギー

 

 

普段、僕たち美容師が使用しているヘアカラー剤には、ジアミンというのが含まれています。

市販のヘアカラー剤だけに含まれているのでは?と思う方もいるかもしれないですが、美容室で使用するものにも含まれていますので美容室のものだから安心!ということはありません。

ヘアカラーをしても頭皮に何も異常が無い方もいますが、『ヘアカラーをすると頭皮が痒くなるなど』という方は僕が担当したお客様でも何人かいました。

アレルギー性接触皮膚炎の場合、症状が酷い場合だと頭皮以外の顔まわりや身体にまでかぶれなどの症状が出て、炎症を起こす方もいます。最初は少しだけ違和感がある人や今は違和感がなくても繰り返しヘアカラーを行うことによって症状が出てくる方もいるので危険なアレルギーです。

最悪の場合命を落とす危険性だってあります。

 

そこでこのような地肌のトラブルで悩みを抱えているあなたに原宿の美容師が詳しく原因と対策をわかりやすく教えます。

 

 

 

パラフェニレンジアミンとは?ジアミンアレルギーの原因は?

 

パラフェニレンジアミンはヘアカラー剤の種類である『酸化染料』に含まれています。

 

酸化染料ってなんだ?

名前が示すように酸化反応によって発色、染毛することのできる成分です。

酸化染料が毛髪の内部に浸透して、毛髪の内部で酸化反応を起こして結びつくことで発色し、色を定着することができます。(脱色しながら染めることができるヘアカラー剤です)

 

まず酸化染料が含まれている染毛剤(酸化染毛剤)で酸化染毛剤の種類を説明しますね。

・ヘアカラー

・ヘアダイ

・白髪染め

・オシャレ染め(ファッションカラー)

・オシャレ白髪染め

 

 

普段皆さんが美容室やホームカラーでやられている一般的なヘアカラーはこれです。聞いたことのある名称のものがいくつかあると思います。

ヘアカラーで髪の毛を明るくするためにはパラフェニレンジアミンが必要不可欠になってきます。これなしでは髪の毛を明るくすることができません。

髪の毛を明るくするためには必要不可欠ですが、パラフェニレンジアミンによってジアミンアレルギーをおこす方がいます。

最近の研究では、このパラフェニレンジアミンによるアレルギー反応によってアナフィラキシーショックを起こすという研究結果も出ています。

※アナフィラキシーショック・・・アレルギー反応を起こすことによって、呼吸困難、急激な血圧低下、心肺停止、意識消滅などの症状が現れることです。

この結果、ジアミンアレルギーにより重度のアレルギー反応を起こすことによって命を落とされた方もいます。

 

 

 

ジアミンアレルギーによる症状

・痒くなる

・かぶれる

・赤くなって炎症を起こす

・顔やまぶたが腫れる

・ブツブツが出来た

・全身に渡りかぶれや痒みなどの症状が起こる

 

 

ジアミンアレルギーによる症状は人によって異なりますが、このような症状が現れます。

最初は違和感がなくても後天性で症状が出てくる方もいるので『私は大丈夫!皮膚が強いから!』という方でもいつこのような症状が出るかわかりません。

安心してはいけないです!

特に、市販のヘアカラー剤の場合は誰でも染まるようにパワーが強くなっています。パワーの強い薬を使うことによってジアミンアレルギーが発症した場合は重度の症状になる危険性もあります。

 

 

 

パラフェニレンジアミン(ジアミンアレルギーの対策)

・ヘアカラーをした際に頭皮などがかぶれた、痒みを感じるなどの症状が出た方はヘアカラーのご使用はやめましょう!

ヘアカラーによる刺激性接触皮膚炎の可能性もありますが、ジアミンアレルギーによるアレルギー性接触皮膚炎の可能性もあります。

・ヘアカラーをしてから少しでも違和感を感じた場合はすぐに皮膚科などを受診して診察してもらうことをオススメします。

なぜなら現在のジアミンアレルギーの方に対する現状としては、ジアミンアレルギーによる対策、対処法というのはないからです。

 

 

 

病院での治療法

 

・ステロイド

・内服薬(飲み薬)

現在の病院ではこの二つの薬で治療されています。治療を行うことで少しずつ改善されると思います。

ただ、改善はされてもパラフェニレンジアミン(ジアミンアレルギー)によるアレルギー性接触皮膚炎の方は、また再びジアミン入りのヘアカラー剤を使用することで症状が出てきます。一度、パラフェニレンジアミン(ジアミンアレルギー)と診断された方はジアミン入りのヘアカラー剤は使用できません。

花粉症や食べ物などのアレルギーは体質改善や専門医による治療などで改善したというケースはあるようですが一度、ヘアカラーによるジアミンアレルギーが発症すると治ることはありません。

違和感を感じていても我慢をしてジアミンが含まれたヘアカラーを繰り返し行うことで、ジアミンアレルギーによる症状が徐々に悪化していく場合があります。

ジアミンアレルギーの方は頭皮につけないようにジアミン入りのヘアカラー剤を塗布してもアレルギー症状は起こります。シャンプーで流す際にヘアカラー剤が頭皮についてしまうからです。ジアミンアレルギーの方の頭皮などはすごくデリケートです。

 

 

 

ジアミンアレルギーの方でもできるヘアカラー

 

・ヘアマニキュア

・カラートリートメント

・ヘナ

・ブリーチ、ライトナー(ダメージ、刺激はあります、脱色剤なので後々暗くしたいという方にはオススメしません)

これらはジアミンが含まれていません。

色味は限定されますが、ジアミンアレルギーの方でも安心してご使用できます。

ヘナは白髪を染めるためのものです。ヘナに関しては植物アレルギーの方は痒みなどを伴うため、ご使用を控えたほうがいいです。ヘナにはオレンジ、インディゴ、マホガニの三種類があります。この中でもインディゴは人により痒みを感じられる方がいますので痒みを感じた場合はすぐに担当の美容師さんにご相談ください。

 

 

ご自宅でもできる!ジアミンアレルギーの方にオススメなシャンプー

オーガニックシャンプーは高くて手を出せないという方もいると思います。

僕は頭皮に優しい低刺激性のシャンプーではボタニカルシャンプーをオススメします。ジアミンアレルギーの方は頭皮に優しいシャンプーを使用することをオススメします。

 

 

 

まとめ

 ・ヘアカラーの際に少しでも頭皮などに違和感を感じた際はすぐに病院に行きましょう。

・一度でもジアミンアレルギーになると病院で処方された薬を服用して改善されたとしても、再びジアミンが含まれたヘアカラーを行うことで悪化してしまうため、ジアミン入りのヘアカラーはやめましょう。

・ジアミン入りのヘアカラー剤を頭皮につけないように塗ることでもシャンプーの際に頭皮についてしまうためアレルギー症状が出ます。ジアミン入りのヘアカラーの使用は控えてください。

・シャンプーは頭皮に優しい低刺激性のものをオススメします。

・『自分は今の所痒みなどがないから平気』という方でも後天性のアレルギーによってジアミンアレルギーはいつ発生するかわかりません。ジアミンアレルギーになってからでは手遅れなので、まずは常日頃の頭皮ケアなどを重点的にして頭皮環境を良くすることで予防策を行うことも大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【ご予約お問い合わせはこちら】

RESERVA予約システムから予約する
友だち追加

 

Follow me!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

daikiyamasakiカラーリストに予約・相談したい方はこちら。

初めは、LINEやメールなどで個人個人でのやりとりやブログを見てご来店することを躊躇される方もいると思いますが、ご安心ください。不安や疑問・質問等がありましたら、ご来店する前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えしますのでお気軽にご連絡ください^_^RESERVA予約システムから予約する

友だち追加

 

1 個のコメント

  • Thank you for the good writeup. It in fact was a amusement account it.
    Look advanced to more added agreeable from you!
    By the way, how could we communicate? It’s the best time to make a
    few plans for the longer term and it is time to be happy.
    I’ve read this put up and if I may I wish to recommend you some
    fascinating issues or advice. Perhaps you can write next articles relating to
    this article. I desire to read more things about it! Wow, this article is nice, my
    younger sister is analyzing such things, therefore I am
    going to inform her. http://foxnews.net

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    原宿でフリーランス美容師をしています。カラーに特化したカラーの専門家カラーリストとして活動しています。得意な施術は派手髪、ハイトーンカラー 、美髪カラーです!お客様のライフスタイルや雰囲気をヘアスタイルに落とし込みヘアカラーで表現できるように努めています。カウンセリングをしっかりとやり、クオリティー重視で施術します。